読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クズの本懐


そのぬくもりに用がある

 

僕にとってはあまりにも好きすぎてもはやまともな評価ができなくなっている作品ですね。

 

さて、気がついている人も多いとは思いますが、クズの本懐の1話ごとのタイトルは全て実在の曲名になっています。第1話の『望み叶え給え』は筋肉少女帯、最終話の『2人のストーリー』はYUKIなどですね。きっとそれぞれの曲を聴いた後に、もう一度マンガを読み直すと違った感覚がすると思うのですが、現状その時間を取れてないのでそのうちやりたいとは思います。単純に知らない曲も多いので興味は尽きないですね。

 

ところで、クズの本懐ってなんでしょう。本懐っていうのは本来の願いという意味ですが、クズの願いってどういうものでしょうかね。

 

最終話において、主人公である麦と花火は離れることを選びます。そのときに出てくる表現は、「私たちは本物を探している」。二人は間違いなく想い合っていたのに、それは本物ではなく偽物だった、本物を探しに行くんだ、と終わるわけですね。

 

つまり、この作品のスタンスとしては、茜先生とお兄ちゃんが本物で麦と花火は偽物、ということ。たとえ本当にお互いを好きだったとしても、代替から始まった偽物でしかないわけです。偽物の恋愛をしていたクズが、本物の恋愛を探しに行く、それがクズの本懐と捉えられるわけですね。

 

この認識が合っているかは分かりませんが、こう考えると話自体はとてもシンプル。クズな自分を変えてくれる、運命の相手との本物の恋愛を探す、それがこの物語です。

 

実際、すごくありふれた話なのかもしれません。どこにでもあるような、恋愛のお話。じゃあ、この作品の特徴はどこにあるのか。

 

物語として恋愛を書くと、なぜだか極端になることが多いです。一から十まで綺麗でどこか夢物語のような恋愛か、ひたすらにドロドロしていて闇が詰まったような恋愛か。

 

でも、クズの本懐は現実にあるドロドロした部分を描きながら、恋愛自体は綺麗なものとして描いているし着地させている。特に麦なんて、茜先生とデートしてセックスして振られて、最後に「弱いあなたが好きでした、一生忘れません」だなんて、こんな綺麗な終わり方もないと思うんですよね。この作品、不思議なことに失恋した人がほとんど引きずってないんですよ。現実だったら茜さんはどこかで刺されるかボロ雑巾みたいに捨てられてもおかしくないし、花火は言いくるめられて処女を失っているに違いないと思うんですけど、茜さんは刺されないで結婚して幸せになってるし、花火はなぜか最後まで処女のまま。こんな綺麗な恋愛は現実にないでしょ。でも、このバランスが作品としては良かったと思うんですよね。クズたちのキラキラした青春なんですよ、これは。

 

クズと言っているわりに、彼らはとことんまでクズなわけではない。普通に考えたら麦がモカを抱いてないのはおかしいじゃないですか。作中で最後までしてるのは中学の先輩と茜先生だけ。どこがクズなんだって話ですよ。本当のクズだったらモカは抱かれた喜びにボロボロになりながら麦を想い続ける、みたいな展開はいくらでもあってもいい。花火はお兄ちゃんに振られて自棄になってナンパされた相手に処女を失って、それを知った麦にめちゃくちゃにされる、みたいな展開もおかしくない。いや、まぁ僕の認識が歪んでるのはまったくもって否定しないんですが。

 

ここらへん、この作品はすごく綺麗に終わらせるんですよね。終わりよければ全てよしじゃないけど、途中までのドロドロのわりに最後の方は勝手に浄化されて「ああ、よかった、幸せになってほしい」みたいな感想が許されてしまう。すこしだけ飛躍がないわけではないけど、失恋してる人の方が多いのにハッピーエンドに見える不思議。

 

だから、受け入れやすかったのかなと思う。たとえば『あそびあい』も僕はすごい好きだけど、あれはあまり一般受けしないと思うんですよ。だって綺麗じゃないから。あれも確かに現実だけど、ある種突き抜けているから一部にしか受け入れられない。クズの本懐はそこ上手く考えてあるなと。

 

 

人を殺すって言われるものはたくさんあって、好奇心とか退屈とか他にもあるけど、僕は寂しさが大きいかなって思う。人は人のぬくもりを求めずにはいられなくて、だからこそ、どんな振る舞いをしても欲しい人を手に入れたくて仕方がないんだ。運命は必ずどこかにあって、君だけの本物が君を変えてくれるに違いない。

 

 

ちなみにこの作品、僕は本当に本当の最後まで花火が好きなつもりでいたんだけど、アニメを最後まで見たら急に茜先生が好きなことを自覚してしまった。

 

思い出したんだよ、僕は『モテキ』の小宮山夏樹が好きだったこと。何考えてるかわかんなくて、振り回されてばっかりで、でも気まぐれで自分の相手をしてくれるような人。

 

全然手に入らなそうで、だからこそ自分にとって特別で、もし、その手を掴めるのなら、自分が特別な人間になれるような気がしてた。

 

僕はもともとフジくんで、それから麦になって、それからずっと届きそうで届かない特別を追い求めてた。

 

 

この作品を読んで他の人がどんな感想を得るのかは分からないけど、恋愛って楽しいよ、クズって楽しいよ。

 

だって、そこには人を変えてしまうものが本当にたくさん詰まっているのだから。