書くことと直すことと書き直すこと

最近気がついたことなんですけど、自分が書いた文章を直すのと他人が書いた文章を直すのって全然違うんですよね。

 

そんなのとっくの昔から知ってるよって言われるかもしれないけど、僕はこのことに全然気がつかなかったんですよ。他人の文章も自分の文章みたいに直せると思ってた。

 

ところがですね、やってみるとまったくもって別物なんですね。

 

自分の書いた文章って、どういう意図を持ってどういう道筋で書いたかが分かってるから、簡単に削れるんですよ。ここの部分は削っても流れが変わらないとか、ここは絶対に削らないとか、わりと楽に判断がつく。

 

でも、他人の文章ってそれが全然分からないんですよ。読んでみるとなんとなくこんな流れなんだな、で終わってしまう。ここ削っても良さそう、と思って削ってみるとなぜか読んだときにすごい違和感がある。ここなんか説明不足だなって思っても、何を足せばいいのかよく分からない、言葉にできない。

 

だから、他人の文章をさらさらと添削できる人はすごいなって本当に思うようになった。

 

自分の文章ですら、分かってても上手く書き直せないときは間違いなくあって、そんなんだから他人の文章は本当に苦労する。方向性だけでも、と思ってもその方向性すら見えないときがある。

 

考えを文章として表現することが、こんなにも難しいだなんてまったく知りもしなかったけど、それでもその考えてる時間が嫌いじゃないんだよなぁ。

 

物書きの業は本当に深い。