読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼタの元カレ団

グランブルーファンタジーの話。

 

僕はわりと色々なことをとりあえずやってみるタイプで、もちろん続いたり続かなかったりするんだけど、実はソシャゲはあまり続かない。アンインストールこそしてないけど、デレステもモンストもある程度課金した割には今は全然やっていない。ネトゲもやったことはあるけど、半年だって続いた記憶はない。そう考えれば、1年半以上ほぼ毎日続いてるグラブルは僕にとっては、もはや例外と言っていいのかもしれない。

 

あのころ僕がモンストに飽きていたのかは確かではないけれど、あれほどソシャゲはやらないと言っていたみつばさんが、一気にグラブルにハマっていくのを見て僕もグラブルを始めた。実は登録だけして2週間くらい放置していたので、もしかしたらIDはみつばさんより早いのかもしれない。ちゃんとグラブルをやり始めるにあたって、僕はゴリラと損おじをフォローして、まぁだから多分そこからゼタの元カレ団への憧れが始まったんだと思う。

 

そもそもの話、ゼタの元カレ団は身内団だ。ツイッターのアルファたち(この表現は必ずしも正しくはないかもしれない)が中心になって集まった団で、全体の雰囲気としては比較的緩かったと思う。はたから見て、それは身内同士の親しさと空気があって、でもそれが間違いなく楽しく見えた。古戦場での勝率が上がるにつれ、団員の入れ替わりが増えたのは確かだ。それでも1ヶ月ランクがまったく動かない、みたいなことがなければ解雇もあまりなかったと思うけれど。

 

団員の入れ替わり自体は仕方ないことだし、当たり前のことだ。他でどんなに走っても勝てなかった経験をした人がいて、ゼタの元カレ団では走ればしっかり勝つことができた。勝てば勲章がもらえて、勲章がたまれば金剛石と交換できた。それはもちろん嬉しいことであって、何も悪くはないのだけれど、勝つのが当たり前になって、みんなが走るのが当たり前になって、少しだけ雰囲気が変わったのかもしれない。走れない人や貢献度が低い人の負い目が増えるとかそういう意味で。

 

やるからには勝ちたいとか、勝つために強化を頑張りたいとか、そういうのは何も間違ってなくて、ただ、マイナスのことに対する許容値がなんとなく小さくなったんじゃないかって気がする。身内でわいわいやって、負けても悔しいけどしょうがないねーって笑ってすまなくなったような。僕が入る頃からそうだったかもしれないし、そもそも最初からそうだったかもしれないし、まったくの見当はずれかもしれないことだけど。

 

僕自身はなんで古参組が抜けることになったのかを本質的にはまったく理解してなくて、それは僕が彼らと個人的にはそれほど親しいわけではなかったのもある。だから全部想像で書いてるんだけど、なにかしら今の元カレ団の空気に違和感があったのかな、とだけ思っている。

 

僕は正直集団に属するのがあまり得意ではなくて、だから騎空団なんていう30人もの集団に1年以上いるのはそれなりにすごいことだなぁと思っている。今だって、本当に馴染めてんのかおまえって言われたら、馴染めてないんだろうなぁとしか返せないんだろうけど、居心地が良かったからこそ今までいたわけで、だから僕自身はゼタの元カレ団がすごい好きだ。古参組が通話してるのTLで眺めて、楽しそうだな、参加してみたいなと思いつつ、自分から入れてよと口に出すわけでもない。それが僕の人付き合いだったし、他の人たちとの距離感だった。グラブル以外でPS4とかで一緒に何かやれたら少しは違ったのかもしれないけど。でも、そういうの含めてゼタの元カレ団が好きだ。

 

感覚の違いがなかったわけじゃない。組長と美紅さんのあれに関しては正直やりすぎだったと思ってる。結局煽る方向に回ったから何も言えないけど。ただ、みつばさんのスタンスを否定するつもりはないし、付き合っていたとしても、ゼタの元カレ団というくくりのオフでその関係があまり分からないようにするべきだったんじゃないかとは思っている。別にくっつくのは自由だけど、団員同士のオフでそこだけ彼氏彼女するなよ、みたいなのはある。まあでもみつばさんは気がつかなかったんだっけ。これに関してはゴレ子さんが火をつけたのが原因かな。分かってて燃やしたんだろうし、気に入らなかったってことなんだろうけど。未だにゴレ子さんは全然どんな人なのかつかめない。

 

なんだっけ、話がそれた気がする。そうだ、今回の古戦場中にこれが終わったら5人くらい団員が抜けるかな、とは思っていた。明らかにゴリラは抜けるつもりだったし、うじさんも抜けると言っていた。それらを含めて5人くらい抜けるとして、でも、それならなんとかゼタの元カレ団は続くかな、と思っていた。5人ならなんとか募集できなくもないだろうし、新しい人と一緒にやれるだろうと。でも、よく考えたらゼタの元カレ団は身内団なんだよね。身内団っていうのは本当は代替不可能で、だから中核が5人も抜けたらそれは崩壊しかないんだよね。だってそこは、エンジンに等しい場所だから。その意味で僕はずっとゴリラに団長をやってほしくて、ゴリラが団長をやめた時点で少しだけ何かが壊れた感覚があった。今団員の約半分は抜けることになっていて、じゃあ再建するために新しく10数人入れるとして、それは多分もうゼタの元カレ団じゃなくなってしまうと思う。枯れた温泉にいくらお湯を注いでも、元には戻らない。

 

きっと彼らが抜けようとしたタイミングは他にいくらでもあって、多分今回シードシードを取り直したからそれを残して抜けようという話になったと思うんだけど、そのことすらもやもやする自分がいて。今の元カレ団は全体として仲良くまとまっているわけではなかったかもしれないけど、なんかもう少し違うやり方があったんじゃないかとか。まあ好きなこと自由に言えるのがネットだということで許してくださいな。今現在、再建のための話し合いが行われているんだけど、ゼタの元カレ団という名前を一度捨てた方がいいのかなと個人的には思っている。そうすれば、ゼタの元カレ団の名前の下にまたみんなが集まることがあるかもしれない。もちろん、今だって元元カレたちの受け皿として機能することに意味はあるんだけど、なんとなくもう元に戻らないような気がしてる。まあ自分の行く道はこれから考えます。

 

とりあえず人付き合いというか立ち回り、考え直したいですね。