86 ーエイティシックスー

86―エイティシックス― (電撃文庫)


ガーターベルトっていいですよね、発明した人に最大限の賞賛を送ってもいいと思います。あんなえっちなもの思いつくのは天才ですよ。

 

第23回電撃小説大賞大賞受賞作。

 

メカとボーイミーツガールとディストピア。あとがきにこう説明されるわけだけど、間違いはないだろう。この作品は、とにかく設定がうまい。機械の帝国に敗北する人間たち。人種差別を行わずにはいられない人間の醜さ。そして、伏線の張り方が綺麗だ。だから違和感なく最後まで読み進められるし、しっかりとひっくり返される。

 

僕は、屁理屈みたいな理屈と言葉遊びが好きだ。描写は少し長いくらいでいいし、詭弁のようか物言いが面白いと思う。無口で冷徹でどこか壊れたような少年と世間知らずでお人好しで甘さが目立つ少女。腐りきった愚かな大人。みんながみんなうまく絡み合って、それだからこそ会話が心地よく感じられる。

 

絶望と希望は表裏一体。使い古された、よくある言葉だけど、しっかり納得できるんじゃないかな。最高の死に様を迎えるために、最後まで諦めないで生きる美しさ。僕は熱い人間が見せる冷めた部分より、冷めた人間が見せる熱い部分の方が好きなんだけど、さてみなさんはどうだろうか。

 

あんまりネタバレになるのももったい無いので、深くは語らないけど、しっかりハッピーエンドだから安心して読んで欲しい。成長はいつだって素晴らしいものだ。それが泥に塗れ、血に濡れ、痛みを伴うものならば、なおさら素晴らしいと思う。